ライフイズ妄想、自由自在

変な方向に考えちゃう

魚・魚

生物は食べなければ、生きられない。人間は生物の一種として、生命を維持する手段を娯楽に進化した。我々は必要以上に色んなものを食べるね。

個人的に好き嫌いはあんまりないけど、魚だけは食べない。

魚は栄養たっぷりだよ。
うん、知ってる。他の食べ物で補う。それでも足りなかったら、サプリメントを取る。

魚はおいしいのにー
はぁ!?それは誰基準!?本人は嫌だから、おいしくもなにもないでしょう!?

食って、口だけではなく、目と鼻で食べるものだと思う。だから、魚のあの独特の生臭さは、生理的に受け付けない。体についてるウロコの質感は、生理的に受け付けない。一番無理なのは、魚の目だ。目は心の窓。開けっばなしの窓は欠陥品としか思えない。泳いでも目が開けてるし、寝ても目が開けてるし、死んでも目が開けてるから、不気味すぎる。可愛くお目目をパチパチできない魚は好きにならんね。外見で判断するのが、魚に失礼かもしれないけど、こっち1人の勝手な思い込みと独自の偏見だから、魚も気にしないでしょう。

このことで、長年、親友とずっと言い合ってた、未だに未解決事案だ。正直に、おいしそうに煮魚の頭を食べる親友はモンスターにしか見えない。

しかし、魚を愛する親友を尊敬の意を払うために、親友の誕生日にフジテレビの花屋さんで、フラワーブランケットを注文してから、アメ横で生魚を買ってきた。家までの道は臭かったぁ!しかし、親友は思うほど喜べなかった。

アメ横のおじさんはこれがなになにすごく良い魚って言ったから、一番大きいやつを買ったんだ。なかなか冷蔵庫に入りきれなかったせいで、誕生日会の最中はずっと臭かった。最後、我慢できずに、臭いって愚痴った親友に、被るように、魚好きなら、そんなことを言って良いの?
今回は勝った!!



水, 2月 26 2014 » 動物 »